HOME>ホットトピックス>包茎手術を行ってコンプレックスを解消しよう

包茎での悩みは手術で解決!

男性の悩みの中でも簡単に打ち明けることが難しいのが包茎に関する悩みです。最近では手術をすることで包茎が改善されるようになりました。それでも病院に行くことを恥ずかしいと感じて受診しない人も多くいます。包茎は自分で解決しようとすると、症状を悪化させてしまう可能性もあります。

カントン包茎と真性包茎の違いを比較

カントン包茎

多くの男性が悩んでいる包茎の形が、このカントン包茎になります。自分の手で包皮をむくことができるタイプの包茎のため、自分自身で改善させることができると感じやすいですが、そのままにしておくと性行為時に痛みをもたらしてしまう危険性があります。

真性包茎

包皮が完全に亀頭を覆っている状態の包茎になります。この状態では亀頭を清潔に保つこともできませんし、性行為で快感をえることができないとされています。包皮内で痛みやかゆみが出ると炎症が起こっている可能性もあるので、早急な治療が必要になります。

包茎手術を行ってコンプレックスを解消しよう

下半身

包茎をそのままにしておくデメリットを知ろう

包茎は常に亀頭に包皮を被っている状態ともいえます。自分で剥くことができる場合もありますが、そのままにしておくと健康面で大きなリスクを伴います。その他にも、炎症を引き起こしやすい状態であったり、悪臭の原因にもなるため、クリニックなどできちんと治療を受けましょう。

包茎手術の流れを知っておこう

悩む男性

クリニックを探す

包茎を改善させるためにクリニックを探す必要があります。包茎手術をおこなってくれるクリニックなどは数多くありますが、得意としている手術方法は、それぞれ異なってきます。そのため、きちんと自分の包茎に合った手術を得意とするクリニックを探してみましょう。

カウンセリングを受ける

クリニックを見つけることができたら、そこでカウンセリングを受けましょう。クリニックの中にはカウンセリングなしに即手術という場合もあります。そのため、きちんとスタッフや医師によるカウンセリングを受けて、心の準備をしなくてはなりません。

手術方法を決める

カウンセリングを受けた後に手術方法を決める必要があります。この時に手術の説明が細かくおこなわれない場合は注意しましょう。包茎手術はデリケートな部分の手術になります。そのため、きちんとした説明を受け、衛生面でも大丈夫であることを確認しましょう。

手術をおこなう

説明を受け、納得することができれば手術を受けます。種類によって異なりますが、基本的には包茎手術は日帰りがメインになります。また、平均時間も約15分から30分という短い時間で受けることができます。